スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25年目の島

あれから25年…。

私たち夫婦は、この7月に銀婚式を迎え、新婚旅行の地・サイパンに、24歳の長男と18歳の次

男を従え、25年ぶりに行ってきました。

思い起こせば25年前、いつか家族が増えたとき、再びこの地に来られたらいいねと話したこと

が、やっと実現したというわけです。

長男はもう社会人ですが、先月まで野球漬けだった次男にとっては初めての夏休みらしい夏

休みでもあり、息子たちの年齢から考えて、もしかすると最初で最後の4人での海外旅行かも

しれません。



25年ぶりの島は、繁華街やホテルなどは様変わりしていたものの、やはり美しく、魅力的な島

でした。

未だ戦争の傷跡も消えることなく、島内観光のメインはバンザイクリフを中心とした戦跡巡り。

その周囲に咲きほこるハイビスカス南洋桜が、忘れてはならないと私たちに呼びかけてい

るようです。

今年、世界一美しいと賞賛された、マニャガハ島をはじめとする周囲の海は、時間帯や天候に

よって様々に色を変え、椰子の木陰の涼しさは、エアコンの存在を忘れさせてくれました。

私自身、中学生に戻ったかのように海中に潜り続け、笑われてしまいました。

25年の時が、まるで一瞬に過ぎ去ったかのような錯覚にとらわれてしまいます。



しかし、隣には二人の息子の笑顔がありました。

やはり25年の歳月は、確実に一歩一歩過ぎていったのです。



あっという間の5日間でしたが、4人にとってかけがえのない時間を過ごすことができました。

かなり無理をして強行した旅でもありましたが、やはり行けるときに行ってよかったと思える旅

でもありました。



ここでお断りしなければならないことがあります。

いつもなら画像も一緒にアップするのですが、旅の2日目、浮かれた私は、なんとデジカメを

海水パンツに入れたまま泳いでしまい、デジカメをパーにしてしまいました。

文章のみでお伝えすることをご容赦ください。

最大のミスではありましたが、家族の写真はなんとか使い捨てカメラでカバーすることができ

ました。

これもいい思い出になってくれれば幸いです。



また、この場をお借りして、旅行の最中にご連絡をいただきながら、すぐにお返事できなかっ

た方々に深くお詫び申し上げます。

これにこりず、末永くお付き合いくださいませ!




ミュープロダクションのトップページへ!


スポンサーサイト

テーマ : 自分に力をくれるもの - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログランキング参加中!

一押しご協力を ↓ ↓ ↓
あなたの1票をお願いします!!

ブログ内検索

INFORMATION

プロフィール

浦木正志

Author:浦木正志
高知県出身。
出版社勤務を経て、CD製作&プロデュース・作詞・作曲・編曲・楽譜製作・らくらく作曲講座のトータル音楽製作会社
『ミュープロダクション』
を設立。
作詞・作曲・編曲家でもあり、
「四万十川」
「旅路の春」
「見えないホタル」
など、オリジナル曲多数。
著書に「青春のうたごえ楽譜集 101曲選」(高文研)がある。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。