スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄冠は君に輝く 2008年夏

各地で熱戦が繰り広げられ、続々と代表校が決まっている全国高校野球選手権大会の地方

予選ですが、徳島県予選の開会式では、控え選手に粋なはからいがありました。

背番号を付けてベンチ入りできるのは20名、他県では21番目以降の選手に背番号はありませ

んが、徳島では控え選手全員が21番を付け、入場行進を行いました。

野球はレギュラー9人だけで戦うものではありません。

こういう配慮や工夫はすぐにでもできるはず、ぜひ他県も見習い、陽の当たらない選手にも栄

冠をあたえてあげてほしいと思います。



我が家の次男も7月20日、甲子園への夢の幕が降りました。

小学校2年から野球を始め、投手一筋に10年間、ほとんど休まずに練習し、高校では一度だ

け背番号11をもらいましたが、公式戦で投げることはありませんでした。

ベスト8をかけた最後の試合も観客席から必死の応援を続け、負けて泣き崩れる選手たちと

最後の瞬間を共有し、自らも人目もはばからずに顔をクシャクシャにして泣きじゃくりながら

球場を去っていきました。

よくぞ今日まで頑張った!

そう声をかけてあげるのがやっとでした。


高校野球最後の瞬間


その夜、次男から、私と妻と長男に感謝状が贈られました。

いつの間に用意したのか、2枚のレポート用紙には、10年にわたって支え続けてきた家族へ

の感謝の気持ちがビッシリと記され、涙をこらえながら自分で読み上げ、その気持ちをありが

たくいただきました。

親子ともども辛いことのほうが多かったけれど、野球をやらせてよかったと思えた瞬間であり、

それは背番号などよりはるかに嬉しく、大切な贈り物でした。

最後の最後までよくやり通した。

私は君を尊敬し、誇りに思っています!



最後に笑って高校野球生活を終われるのはただ1校のみ。

その他のすべての球児たちにこそ、栄冠は輝くべきなのではないでしょうか!?




ミュープロダクションのトップページへ!


スポンサーサイト

テーマ : 自分に力をくれるもの - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログランキング参加中!

一押しご協力を ↓ ↓ ↓
あなたの1票をお願いします!!

ブログ内検索

INFORMATION

プロフィール

浦木正志

Author:浦木正志
高知県出身。
出版社勤務を経て、CD製作&プロデュース・作詞・作曲・編曲・楽譜製作・らくらく作曲講座のトータル音楽製作会社
『ミュープロダクション』
を設立。
作詞・作曲・編曲家でもあり、
「四万十川」
「旅路の春」
「見えないホタル」
など、オリジナル曲多数。
著書に「青春のうたごえ楽譜集 101曲選」(高文研)がある。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。