スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四万十紀行 ~碧い国から~

2年ぶり(四万十川へは8年ぶり)に、長年お世話になっている出版社の社長と後輩のデザイ

ナーの3人で、高知に行ってきました。

6日間の日程でしたが、梅雨時のわりには晴天に恵まれ、目に痛いほどの緑と碧い川や海を

堪能し、カツオのタタキをはじめ美味しい魚をたらふく食べ、仕事のほうも新たな展望が開ける

という、有意義な旅となりました。

その模様を、ごく簡単ではありますが、お伝えしたいと思います。



初日、高知龍馬空港から車で20分、まずは土佐の英雄・坂本龍馬像や記念館のある桂浜

へ!


坂本龍馬像



相変わらず龍馬人気は凄いもので、多くの観光客が訪れていました。

ここでの昼食は、もちろんカツオのタタキ!

タタキにはタレだけでなく、塩タタキというのもあるのですよ。

これはこれで、アキがこなくて美味でした。



夜は地元の方々に、高知市内の知る人ぞ知る穴場的なお店を案内してもらいましたが、仕事

の話もそこそこに、酒・酒・酒…。

前は海 後ろは山 ゴチャゴチャ言わんと飲もう!

これが土佐の良いところ、このパターンが6日間続きます。



2日目は日曜日だったので、高知城下で300年の歴史を誇る日曜市へ!

市といっても農産物や海産物だけではなく、刃物や石まで、ここでは何でも売っています。

また、朝だけではなく、朝6時頃から夕方まで1日通して開いているところが凄い!

日曜市を一回りし、司馬遼太郎の功名が辻で有名な山内一豊が築城した高知城まで足を延

ばしてきました。


板垣退助と高知城



それからは、前の日に一緒に飲んだ方に、坂本龍馬の生誕地をはじめ市内をくまなく案内し

てもらい、高知市の奥深さをあらためて実感しました。



その後、お昼頃の特急列車に乗って高知県宿毛(すくも)市へ!

ここは、私が高校時代を過ごした街。

その時の恩師が今も住んでおり、駅まで迎えに来てくれました。

駅に降りると、鶯の声だけが大きく響いていました。

夕方からは、その先生の家の裏にあるログハウスで、同級生・有機農業を営む他県からの定

住者・地元のミュージシャンらとの生ライヴ

飲みながらの楽しい時間は延々と続き、ひたすら歌い続けました。

建物の前は、田植えを終えたばかりの田んぼだらけ。

ライヴのあとは、カエルの合唱を聞きながら熟睡です。

五右衛門風呂にも20年ぶりに入りました。



3日目は一路、四万十川の中流を目指します。


岩間の沈下橋



川沿いに車を走らせ、いくつもの沈下橋を通り過ぎ、まずは大正地区にあるダバダ火振りとい

う栗焼酎(人気があり過ぎて限定出荷中)で有名な無手無冠(むてむか)の酒蔵を、社長自ら

の案内で見学させてもらいました。


無手無冠の酒蔵



四万十川の中流にあり120年の歴史を誇る酒蔵で、様々な種類の酒をつくっていますが、今も

っとも注目されているのが、18リットルのカメに入れ、四万十川にちなんで四万十時間(約4年

7か月)も洞窟に寝かして出荷する火振り酒という栗焼酎の原酒です。

四万十円で誰でも注文することができますが、年に500本の限定生産です。

数人で共同購入する方も多いようですよ。



酒造りへの情熱に感心させられ、社長夫妻の人柄に癒されて酒蔵をあとにし、道の駅・十和

(とうわ)
というドライブインで昼食。

このドライブインのロケーションには圧倒されました。


道の駅・十和の裏の四万十川



建物の裏を四万十川が流れており、その景色を間近に臨みながら休憩でき、食事や地元の

特産品を買うことができるのです。

川風が気持ちいいこと!

これほどの道の駅は、日本中探してもほかにないかもしれません。



その後は、西土佐地区の温泉に浸かり、四万十河畔にある四万十楽舎へ!

この建物は、廃校になった小学校を再利用した環境・文化センターで、釣りやカヌーなどの

様々な自然体験ができ、宿泊施設や録音スタジオまで兼ね備え、格安で滞在できる画期的な

施設です。

ここに四国の歌姫と呼ばれる女性がおり、もうずいぶん前からの知り合いなのですが、その

女性と一緒にCDを作りたいとずっと考えていたのですが、今回の旅で、その道筋が開けまし

た。

楽しみにお待ちくださいね。



しばしの間、すべてを忘れて川遊びに熱中し、疲れ果ててしまいました。


沈下橋で大の字



夜8時過ぎ、今回の旅の最大の目的の一つである四万十川のホタル観賞にいよいよ出発!

毎年、日本各地のホタルを追いかけているのですが、四万十のホタルは100%天然。

この日は40~50頭が舞っていましたが、真っ暗な川面に映るホタルの灯りの美しさは例えよう

もなく、撮影することができなかったことが残念でなりません。

本当に来てよかった!!!



その夜は、地元の川漁師や木工細工をやっている方、定住者の方々と四万十楽舎で川の幸

を肴に交流。

四万十川の夜も、賑やかに更けていきました。



4日目は、私が生まれ育った町・大月町へ!

同じ高知県でも四万十の景色とは打って変わって、ダイビングで有名な柏島をはじめ、沖縄を

しのぐ海の透明度を誇る町です。

宿泊は町営のホテル。

眼下に雄大な太平洋を一望できる、格安ですが本格的なリゾートホテル風の宿です。

夕飯は久しぶりに実家で、カニやカツオのタタキをはじめ土佐の名物料理を堪能し、この日ば

かりは少しのんびりと過ごすことができたかな…。



5日目は、小雨がパラつくあいにくの天気の中、海岸線を竜串・足摺岬といった観光名所を巡

り、土佐清水・中村(四万十市)・トンボ自然公園などを歩いたあと、再び宿毛市の恩師宅

へ!

この日だけで100Km近く走ったでしょうか?

高知県はけっこう広いのです。



この日の夜は、世界の7大陸をマラソンで走ったという方々と雨音を聞きながらの交流。

日本各地に、いろいろな人がいるものです。

最後の晩餐も大いに盛り上がり、またまた新たな友人が増えました。



最後の日は、飲み疲れ、喋り疲れ、歌い疲れの身体に鞭打って帰京の途に!

この日が最も南国らしいコバルトブルーの空の色だったかな…。

南国土佐をあとにして 歌碑



南国・土佐の玄関口だったはずの高知駅の変わりようにため息をつき、高知龍馬空港で、こ

の旅で食べ損ねていた土佐料理を食べつくし、帰京しました。



これで一応終わりなのですが、今回の報告は細かい部分をかなり端折ってしまいました。

同行したお二人にはかなり喜んでいただけましたが、最後まで読んでいただいたみなさんにも

少しは興味を持っていただけたでしょうか。

今度はいつ行けるかな?

まだ高知県の土を踏んだことのない方、ぜひ一度お出かけください。

南国土佐には、予想外の展開が常に待ち受けています。



ミュープロダクションのトップページへ!


スポンサーサイト

テーマ : 自分に力をくれるもの - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログランキング参加中!

一押しご協力を ↓ ↓ ↓
あなたの1票をお願いします!!

ブログ内検索

INFORMATION

プロフィール

浦木正志

Author:浦木正志
高知県出身。
出版社勤務を経て、CD製作&プロデュース・作詞・作曲・編曲・楽譜製作・らくらく作曲講座のトータル音楽製作会社
『ミュープロダクション』
を設立。
作詞・作曲・編曲家でもあり、
「四万十川」
「旅路の春」
「見えないホタル」
など、オリジナル曲多数。
著書に「青春のうたごえ楽譜集 101曲選」(高文研)がある。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。