スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄冠は君に輝く ~エピローグ~

甲子園には魔物が棲んでいると、よく言われます。

幾度となく甲子園に足を運んだことのある私は女神だと信じていますが…。

今夏、その女神が最後に微笑んだのは、留学生も特待生もいない、無名の県立高校でした。

開幕戦から決勝戦まで、史上最多の73イニングを闘いぬいて栄冠を手にした佐賀北高校の

球児たちに、心からの拍手を贈りたいと思います。



この優勝には、非常に大きな意味があると思います。

特に、未だ高野連が解決策を見い出せないでいる特待生問題に、大きな一石を投じました。



高野連や関係機関は、特待生制度を来年からきっぱりと廃止するべきです。

今回の結果を教訓に、もういい加減に目を覚まさなければ、子ども達にも笑われるでしょう。

野球だけ特待生制度が許されないというのはおかしいという人もたくさんいますが、それは

この制度の悪影響をまったく理解していない人の言い分です。

日本の場合、野球は他のスポーツと違い、市場が大きいだけに常にマネーゲームのターゲッ

トにされ、それ故に何の罪もない子ども達が巻き込まれてきたというのが現状です。

スポーツを十把一絡げに論ずるのではなく、それぞれの現状に則した真摯な議論を徹底的

にすべき時です。



そのマネーゲームの最大の要因が特待生制度です。

家庭の経済的事情云々という人もいますが、行きたい学校に行けるための奨学金制度を

充実させることが大切なのであり、学校や指導者まかせの現在の特待生制度では、本当の

意味で子ども達は救われません。

なぜなら、特待生以外は人間扱いされない、子ども同士の中に差別意識や敗北感・挫折感

を植えつける、ケガをした特待生は学校も辞めなければならない、特待生を選んで入学させ

た指導者は自分の面子やクビにならないために特待生を優先的に使わざるを得ない…など

の弊害が長年にわたって無数に生じており、子ども達はそれを肌で実感しているからです。

汚い金が絡んでいることも周知の事実です。

この悪影響は計り知れません。



これを機会に、特待生を抱える野球指導者や関係者は自らの未熟さを謙虚に反省し、集め

る野球
から育てる野球に改め、練習方法や子ども達との接し方なども大いに勉強していく

べきでしょう。



1日3時間しか練習できなかった無欲の普通の高校生が、優勝旗と優勝メダルを掲げ、「~潔

し 微笑む希望~」の大合唱が流れる中を行進していきました。

感動を与えてくれたその子らに感謝しつつ中継を観ていたら、甲子園上空の夏雲のように、

私自身にもまた、新たな創作意欲が湧き上がってきました。

あらためてお礼を言わせてもらいます。


ありがとう!


スポンサーサイト

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

コメント

ですです。

お邪魔します!

わたしも特待生制度には疑問を持っていました。
たしかにお金が絡んだり、
優劣の意識を植えつけたり、
「野球ができなくなったら居場所は無い」と
精神的に追い込んだりすることで、
がんばって強くなる子もいるんだとは思います。
もしかしたら一つのやり方なのかもしれません。

でも、それは脆い強さだという気がします。
最初は好きで始めた野球でも、
いつのまにか“やらなければならない”野球に
なってしまうような。
どうしようもないスランプが訪れたとき、
その子の心をがっちりと支えてくれるものが
果たしてあるのかどうか。

そもそも上手じゃないと入れてもらえない部活ってのも嫌いです。(笑)

「集める野球から育てる野球に」というのには
全く同感です!
高校野球はプロ選手を見つけるための畑なんていう小さなものではなくて、
野球を通して子どもたちにがんばることとか、
上には上がいることとか、周囲への感謝とか、
そういうことを教えて目の前の世界を広げてやる場であってほしいです。

佐賀北ナインは決勝相手に勝っただけではなくて、
「集める野球」そのものにも勝ったのだという気がしてなりません。
きっと彼らはそんな大人の見方など関係なく、
純粋にがんばったのだと思いますが。

佐賀北ナインと「集める野球」で集められた子の差は、
彼らが野球を離れたときにはっきりと表れてしまうのではないでしょうか?
きっと別々のことを学んだはずだから。

とにかく、彼らにとっての最高の夏は、
わたしにとっても最高の夏でした。
本当におつかれさま&ありがとう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログランキング参加中!

一押しご協力を ↓ ↓ ↓
あなたの1票をお願いします!!

ブログ内検索

INFORMATION

プロフィール

浦木正志

Author:浦木正志
高知県出身。
出版社勤務を経て、CD製作&プロデュース・作詞・作曲・編曲・楽譜製作・らくらく作曲講座のトータル音楽製作会社
『ミュープロダクション』
を設立。
作詞・作曲・編曲家でもあり、
「四万十川」
「旅路の春」
「見えないホタル」
など、オリジナル曲多数。
著書に「青春のうたごえ楽譜集 101曲選」(高文研)がある。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。