スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金城広子さんのコンサート

ホールを埋めつくした700人近い聴衆が、これほどまでに幸せそうな表情でステージを見つめ

るコンサートを、私はかつて知りません。



7月22日、以前このコーナーでもお知らせした

奇跡のヴォーカリスト“金城広子”70歳
アニヴェルセーヌ独唱会!~美しく燃え…見果てぬ夢へ~


と銘打たれたコンサートが、狛江のエコルマホールで開催されました。

開場の30分前には入口に長蛇の列。

開場と同時に700人弱のホールは、ほぼ満席状態。

定員を超える申し込みがあり、何人ものお客様をお断りしたそうです。



ステージは2部構成。

バックバンドはピアノ、ウッドベース、パーカッション、ギターを中心に、バンドネオン、チェロの

超一流奏者をゲストに向かえ、豪華な顔ぶれとなりました。

第1部はときにパワフルに、ときに繊細に、しっとりと語るように歌い上げます。

曲と曲の合間のトークにも金城広子さんの人間味が溢れ、次第にステージに惹きつけられて

いきます。

第1部のラスト、売野雅勇氏作詞・塩入俊哉氏作曲による「La Vie(神様の贈り物)」は圧巻。

全身全霊を込めて歌い切った姿に感動し、もう体力が残っていないのではないかと心配にな

るくらいでした。



第2部は、うって変わってコミカルにスタート。

ステージ上を飛んだり跳ねたりしながら、ラテン、タンゴ、シャンソン、懐メロのスタンダードナ

ンバーが続きます。

その後に会場のみなさんと一緒に歌うコーナーがあり、不肖私めが作詞・作曲した
四万十川

を、ホールを埋めた金城さんの生徒さんたち数百名がピアノ伴奏だけで大合唱。

私も一緒に歌い出したのですが、あまりの美しいハーモニーに胸がいっぱいとなり、声を出

すことができず、聴き入ってしまいました。

こんな感動的な「四万十川」を聴いたのは初めてです。

コンサートというものは聴衆と一緒になって作り上げていくものだということを、改めて教えて

もらいました。

手前味噌になりますが、故郷に帰った際に四万十河畔でこの歌を作ってからおよそ20年。

完成までに苦労はありましたが、あのときに作っておいて本当に良かった~!



最後の曲はなんと、あのベストセラー作家・五木寛之氏が金城さんのために書き下ろした「ふ

るさとの丘」。

戦争によって故郷を失った悲しさが切々と伝わってくる、一度聴いたら忘れられない3拍子の

名曲です。

歌い終わってもカーテンコールは鳴り止まず、アンコール、アンコールの連続で、それが20

分ほども続きました。

それにしても休憩を挟んで2時間半、70歳、わずか五尺の身体のどこにそんなパワーが潜ん

でいるのでしょうか。

本当に頭が下がる思いです。



やっとロビーに出てきたお客さんの幸せそうな顔、顔、顔…。

金城さんが出てくるのを待ち受ける人で、ロビーは溢れかえっています。

きっとみんな、金城さんのファンというよりも、金城さんのことが好きで好きでたまらないので

すね。

私も幸せな気分をもらって、仲間の待つ二次会の会場へと向かいました。

もちろん、大いに盛り上がったことは言うまでもありません。



今回聴き逃した方、どうぞご安心を!

11月22日、六本木にある巨大なライヴレストラン
スイートベイジル139で、金城さんのコンサ

ートが開催されるそうです。

また、金城さんのCDについての詳細は
こちらのページをご参照ください。


スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログランキング参加中!

一押しご協力を ↓ ↓ ↓
あなたの1票をお願いします!!

ブログ内検索

INFORMATION

プロフィール

浦木正志

Author:浦木正志
高知県出身。
出版社勤務を経て、CD製作&プロデュース・作詞・作曲・編曲・楽譜製作・らくらく作曲講座のトータル音楽製作会社
『ミュープロダクション』
を設立。
作詞・作曲・編曲家でもあり、
「四万十川」
「旅路の春」
「見えないホタル」
など、オリジナル曲多数。
著書に「青春のうたごえ楽譜集 101曲選」(高文研)がある。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。