スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄冠は君に輝く 2008年夏

各地で熱戦が繰り広げられ、続々と代表校が決まっている全国高校野球選手権大会の地方

予選ですが、徳島県予選の開会式では、控え選手に粋なはからいがありました。

背番号を付けてベンチ入りできるのは20名、他県では21番目以降の選手に背番号はありませ

んが、徳島では控え選手全員が21番を付け、入場行進を行いました。

野球はレギュラー9人だけで戦うものではありません。

こういう配慮や工夫はすぐにでもできるはず、ぜひ他県も見習い、陽の当たらない選手にも栄

冠をあたえてあげてほしいと思います。



我が家の次男も7月20日、甲子園への夢の幕が降りました。

小学校2年から野球を始め、投手一筋に10年間、ほとんど休まずに練習し、高校では一度だ

け背番号11をもらいましたが、公式戦で投げることはありませんでした。

ベスト8をかけた最後の試合も観客席から必死の応援を続け、負けて泣き崩れる選手たちと

最後の瞬間を共有し、自らも人目もはばからずに顔をクシャクシャにして泣きじゃくりながら

球場を去っていきました。

よくぞ今日まで頑張った!

そう声をかけてあげるのがやっとでした。


高校野球最後の瞬間


その夜、次男から、私と妻と長男に感謝状が贈られました。

いつの間に用意したのか、2枚のレポート用紙には、10年にわたって支え続けてきた家族へ

の感謝の気持ちがビッシリと記され、涙をこらえながら自分で読み上げ、その気持ちをありが

たくいただきました。

親子ともども辛いことのほうが多かったけれど、野球をやらせてよかったと思えた瞬間であり、

それは背番号などよりはるかに嬉しく、大切な贈り物でした。

最後の最後までよくやり通した。

私は君を尊敬し、誇りに思っています!



最後に笑って高校野球生活を終われるのはただ1校のみ。

その他のすべての球児たちにこそ、栄冠は輝くべきなのではないでしょうか!?




ミュープロダクションのトップページへ!


スポンサーサイト

テーマ : 自分に力をくれるもの - ジャンル : 音楽

25年と四万六千日

7月10日は浅草寺の四万六千日ほおずき市の日でもありますが、今年の7月10日は私たち

夫婦の25周年、銀婚式にあたる記念日で、二人で浅草に出かけてきました。

ほおずき市



ちなみに四万六千日とは、この日にお参りをすると四万六千日分お参りしただけのご利益が

あるとされる特別な日で、四万六千日はおよそ125年分に相当します。

それに比べれば25年なんてまだまだなどと言われそうですが、思い返してみると、我々にとっ

ては長い長い年月でありました。



結婚したのは1983年7月10日。

二人の男の子(24歳と18歳)に恵まれ、4人揃って元気でこの日を迎えられたことは感慨無量

ですし、ずっと働き続けて家庭を支えてくれた妻への感謝を忘れてはならないと思っています。

夏休みには、新婚旅行の地を4人揃って訪れてみようと考えているところです。



そうそう、もう一つ忘れてはならないのがほおずき市。

ちょうど7月10日にあたることから家族でも何度か訪れていたのですが、今日の日を迎えられ

たことは、そのご利益といえるのかもしれません。

ほおずき




また来年、26年目の今日、お伺いしますね!



ミュープロダクションのトップページへ!



テーマ : 自分に力をくれるもの - ジャンル : 音楽

みのほどしらず?コンサート

7月5日(土)、埼玉県富士見市で活躍中のシャンソンコーラスグループゆうなの会のみなさん

みのほどしらずコンサートを聴きに鶴瀬コミュニティーセンターまで行ってきました。


コンサートの看板



出演者は50代から80代の女性ばかり総勢16名。

地域に密着しながら20年にわたって活動し、今回が14回目のコンサートだそうです。

継続は力なりですね。

ソロ曲あり、コーラスあり、みんなで歌おうコーナーあり、コントありで、タイトルからは想像で

きない、とても素晴らしいコンサートでした。


コント



ともすれば「年をとったらとっとと死んでしまえ」と言わんばかりのこの国の政策の中で、一人

一人がまるで四万十川の川面を照らすホタルのように、あるいは清流を遡上する鮎のように

キラキラと輝いていて、満員の客席の方々と一緒に素晴らしい空間を創りあげていました。


コーラス



歌の指導とピアノ伴奏は、このブログでも何度か紹介させていただいた奇跡のヴォーカリスト

金城広子さん

この金城さんと「ゆうなの会」のみなさんの信頼関係も、羨ましいくらい素晴しいものを感じさ

せてくれました。


金城さんとゆうなの会のみなさん



このみなさんは、私のオリジナル曲四万十川をもう20年近く大切に歌ってくれているのです

が、今回は新曲の見えないホタルもレパートリーに入れていただき、作詞・作曲者として紹介

もしていただきました。

感謝、感謝です。

お客様の幾人かから「とてもいい曲ですね」と声をかけられ、楽譜がほしいと頼まれました。

約束どおり送っておきますね。



コンサート終了後は、結局打ち上げの席にまでお邪魔させていただき、愉快な裏話や、とても

感動的な逸話も聞かせていただくことができました。

20年を過ぎて、これからの活躍がますます楽しみですね。

頑張れ、そしていつも元気をくれてありがとうございます!

真摯に、謙虚に、真っ直ぐに何かを追い求める人の輝きは美しい!!




ミュープロダクションのトップページへ!


テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

 | BLOG TOP | 

ブログランキング参加中!

一押しご協力を ↓ ↓ ↓
あなたの1票をお願いします!!

ブログ内検索

INFORMATION

プロフィール

浦木正志

Author:浦木正志
高知県出身。
出版社勤務を経て、CD製作&プロデュース・作詞・作曲・編曲・楽譜製作・らくらく作曲講座のトータル音楽製作会社
『ミュープロダクション』
を設立。
作詞・作曲・編曲家でもあり、
「四万十川」
「旅路の春」
「見えないホタル」
など、オリジナル曲多数。
著書に「青春のうたごえ楽譜集 101曲選」(高文研)がある。

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。